FC2ブログ
Archive  RSS  Login

The Ash Tray                     花曇り

若宮の詩集


 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 未分類  

触れる音

平面に貼り付けた

君の声 実体もあって

なんだっけ?

肌が触れる

それが理想

そのくらいがいい


永遠をあげるよ

いてくれるなら


何と無く嫌っていた

もう褪せない昨日までの嘘

塗り潰して投げ捨てたんだ

君と同じだけ日々を越えて

思い出を残して

やっぱりさ

一緒に空へ行こう


必要に責め立てた

君と記憶 足跡があって

なんだっけ?

もういいや

同じ未来見つめているなら


この顔を見ててよ

いてあげるから


醒めない夢を見る

歳老いた自分を想像した

目を開けたらまだ君がいて

手を握っていた

触れる音が間違いなかったんだ

君だった

いつまでも此処にいてくれる気がした


何と無く知っていた

もう褪せない

これからが理想と

張り直した真っ白なイメージ

君と同じだけ日々を越えて
思い出を残して


やっぱりさ

一緒に空へ行こう


もう君は夢じゃなく

此処にいる
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

プロフィール

shogo wakamiya

Author:shogo wakamiya
The ash tray
「独り言」

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。